リアップの母乳への影響

 

育毛剤のリアップは産後抜け毛にはオススメできません。

 

 

妊娠中は女性ホルモンの分泌量が増加しますが、
出産後は女性ホルモンの分泌量が平常時と変わらなくなるため、産後抜け毛が起こりやすくなります。

 

 

出産後は慣れない子育てや、夜泣きで夜間でも授乳をしなければならず、
睡眠不足になりがちでストレスも溜まりやすい時期です。

 

 

産後抜け毛は、出産後の3ヶ月から6ヶ月ぐらいに起こることが多く、
精神的なストレスやホルモンバランスの乱れ、栄養不足など様々な要因があります。

 

 

育毛剤のリアップは、
優れた効果のある育毛剤なので使ってみたいという人が多いです。

 

 

ですが
リアップには、ミノキシジルの成分が含まれているため、副作用の心配が大きく
出産後のデリケートな体の人にはあまりお勧めできません。

 

 

ミノキシジルは、医薬成分で
とても効果の期待できる育毛成分になっていますが、
副作用で注目されるケースも増えています。
参照:ミノキシジルのリスク区分

 

頭皮に使用すると、微量でもミノキシジルが母乳に入ってしまう可能性があるため、
赤ちゃんに悪影響が出る場合があります。

 

 

産後抜け毛に悩んでいる人は、無添加の産後専用育毛剤を使ってお手入れをすると、
体にも負担が少ないですし、赤ちゃんにも影響がないので安心です。
⇒⇒産後の抜け毛専用育毛剤の口コミ

 

 

産後抜け毛は、正しいヘアケアを行うようにしたり、
栄養バランスの良い食事を心掛けることで、1年を過ぎると7割が改善します。

 

 

残り3割は何らかの脱毛症に移行してしまう可能性があるので、早めのヘアケアが大切です。

 
TOPへ